有限会社アサギリ/静岡県富士宮市・富士市

MENU

環境方針・業務方針

環境方針

環境基本方針

人々の生活や生産活動から発生する有機性廃棄物を優良なコンポストに変え、
農業振興発展及び緑化事業に寄与する完全循環型のトータルシステムにより、
地球環境全体に貢献することを基本方針とする。
廃棄物の適正処理及び管理体制の整備を環境に配慮し企業活動を取組む。

アサギリの5つの行動指針

  1. 環境法令遵守による廃棄物の更なる適正処理に努める。
  2. 有機性廃棄物から高品質コンポストを製造、販売し環境負荷の少ない農業振興及び緑化事業に努める。
  3. 事業活動に伴うCO2の発生抑制に努める。
  4. 管理体制を整備し継続的に適正な管理を推進する。
  5. 社員に対し継続的に環境に関する教育を行い、環境保全に関する意識の向上に努める。

2005年 5月24日制定
2007年 9月 3日改訂(第1版)
有限会社アサギリ 代表取締役 簑 威賴


当社製品の特徴

資源循環型農業
「ASAGIRI」に含まれている数多くのミネラル成分(金属酵素)は、土壌を改善し、微生物の活動を活発にします。
不要となった有機資源を堆肥にし、土壌に循環させる自然型農業は、微生物酵素やミネラル酵素の効果により、人や動物に必要な栄養素が豊富で、体に安全なおいしい作物を育てます。
自然科学の進歩により、生物の体には数多くの酵素を必要とすることが確認されています。土壌改善が、緑を含む生態系の回復に役立ちます。
微生物
微生物は、空気中、土壌中、海水中、いたるとこに分布し、人や動物、植物の体に共生して、様々に働いています。
微生物酵素の働きはめざましく、ミネラル酵素とともに我々生物にとっては不可欠の存在です。
バランスのよい土壌成分は、微生物やミミズなどの小動物の住みよい環境を作り、生態系を整えます。
「ASAGIRI」は、豊富なミネラル分や微生物を含んだ製品です。
酵素と堆肥づくり
醗酵の本態は酵素反応であり、微生物が有機化合物を分解してアルコール類、有機酸類、炭酸ガスなどを生ずる過程をいいます。
汚泥処理及び堆肥づくりの過程における醗酵は主に好気性醗酵です。
微生物あるいは微生物が分泌した酵素の働きによって、廃棄物質に含まれる有機成分を幾つかの段階を経て分解、安全化し、土壌改善に有用な有機肥料をつくりあげることが廃棄物資源化において、より大きな役割を果たすと考えます。